スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある動画その11 (アンカーポイント)

現在動画は2400フレーム中1675フレームまで進んでいます
今日はアンカーポイントの話

小町のおさげを

20100706.jpg

このように開くとします

20100706A.jpg

ここで登場するのがアンカーポイントです
アンカーポイントってのは回転する時の中心点なので

20100706B2.jpg

青い線の交差するところ(その画像の中心)がアンカーポイントです
420X420ピクセルの画像であればNiveに読み込むとデフォルトで中心が
210x210の位置に設定されます
(縦横比が違う画像でも縦横それぞれを2で割った数に設定されます)
このように左右で違うアンカーポイントだと

20100706C.jpg

回転前は同じように見えても

20100706E.jpg

回転させると残念なことになります

アンカーポイントの数値を変化させれば、より複雑な動きも可能になります
しかし、アンカーポイントは視覚化されていないので
今回のような場合、画像を用意する段階でアンカーポイントが画像の中心になるように
(この場合おさげを)配置しておいたほうが楽になります

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
プロフィール

fue

Author:fue

最新記事
最新トラックバック
カウンタ
自作動画
pixiv
プロフィールウィジェット
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。